当社の特徴
福井鋲螺 4つの特徴  |  生産体制
ホーム > 当社の特徴 > 生産体制
生産体制の特徴

福井鋲螺グループでは、金型、生産設備、熱処理、めっき、二次加工まで、グループ内で「一貫生産体制」を構築しています。一貫生産体制が生み出す力が、“FUKUI BYORA 品質”を支えています。

ヘッダー加工工程

ヘッダー加工工程

冷間鍛造の基本工程となるヘッダー加工工程。社内に約1,200 台のホーマー、ヘッダーマシン設備を保有し、製品種で約8,000 種、年間約120 億本の生産を行っています。

転造加工工程

転造加工工程

材料に力を加えながら転がす事によって、金型形状を転写する加工を行う転造加工。材料を有効利用しながら高速生産を行う、もうひとつの冷間鍛造技術です。

二次加工工程

二次加工工程

切削、曲げ、プレス、締結、樹脂成形まで、豊富な二次(複合)加工バリエーションを揃え、多様な加工ニーズに対して柔軟な対応を行っています。

研磨・洗浄工程

研磨・洗浄工程

研磨・洗浄工程 洗浄工程では、製品の形状と材質、加工油に洗浄条件が一致してはじめて、洗浄効果を得ることが出来ます。幅広い経験と様々な条件への的確な対応が求められる工程です。

熱処理工程

熱処理工程

社内に真空炉をはじめとする熱処理設備を有し、高度な熱処理品質を確立しています。主な熱処理内容として、焼入焼戻、焼鈍(磁気焼鈍)、焼ならし、浸炭焼入等の処理を行うことが可能です。

表面処理工程

表面処理工程

グループ内にめっき専門会社を持ち、最適な表面処理条件についてのご提案や、表面処理トラブルに関する要因分析など、専門的見地から、的確でスピーディな対応を行っています。

 
冷間鍛造(精密鍛造)部品に関するご相談・ご質問はこちら
お電話でのお問い合わせ
☎ 0776-75-1115
[ 受付時間 ] 平日9:00 ~ 17:00

PAGE TOP