研究開発
生産本部 技術課

工学部
材料開発工学科 卒
▲ 社員紹介一覧 < 前へ 次へ >
仕事内容について
私の所属している技術課の仕事は、「新しい製品をつくる」部署です。新しい製品をつくるためには、最終形状に至るまでの工程を考えたり、加工に使う金型を考えたり、図面を書いたりなどさまざまな要素が必要です。その中での私の主な仕事は、考えた工程や金型を使っての試作品を実際につくることです。難しい加工や複雑な構造の金型を使っての試作をすることが多いため、先輩社員に教わりながら、日々勉強しながらではありますがものづくりに励んでいます。
やはり狙った通りの形状・寸法の製品をつくることができたときに、面白さと喜びを感じます。自分で考えて機械や金型のさまざまな調整や工夫をして、ブランクの材料を複雑な製品の形状に変えていくことがこの仕事の醍醐味ではないかと思います。そして品質・納期が厳しく要求される中で、顧客から高い評価を受ける製品を納品できたときにも大きな喜びと満足感を感じます。
いまの部署に入りたてのころは右も左もわからず、先輩方のお手伝いをする日々でしたが、あるころから1つの製品を担当するようになりました。機械の調整の仕方や試作業務の流れもよくわかっていない状態でしたが、必死になって機械をさわり、金型を発注し、データをとってなんとかしようとしていました。あちらこちらで沢山ご迷惑をおかけしましたが、営業さんから要求されるサンプルやデータを作るのにがむしゃらになっていた日々が印象に残っています。
一日のスケジュール
【ある一日の流れ】
8:00 【出 社】
 前日の仕事内容の振り返り、当日の予定確認など
9:00 【ミーティング】
 前日までの加工状況やトラブルなどの確認
9:30 【段 取】
 材料を各工程を経て製品形状にしていく
12:00 【昼 食】
 同期のメンバーで食堂にて
13:30 【デザインレビュー】
 新しい試作品の金型についてなどの話し合い
14:30 【機械調整】
 製品を量産するための装置の段取りなど
16:00 【金型発注】
 次の試作品の金型や必要な金型の発注
17:00 【報告書作成】
 提出した製品のデータをまとめて報告書を作る
19:00 【帰 社】
 同僚や友人との懇親等
福井鋲螺について
強みは技術力と会社の姿勢です。当社の技術力の特徴として、直径2mm以下の圧造品に限定すると全国シェア90%で日本一を誇ります。さらには一貫生産体制として、熱処理やメッキ、二次加工も社内で行うことにより、1つの製品に対してオリジナリティがあり、かつすばやいものづくりができる体制ができています。また会社の姿勢として困難なものに積極的に取り組む攻めの姿勢を持っていると思います。
最も大きな決め手は、強みにもある「会社の姿勢」です。様々な会社を見ていた中で、当社が最も攻めの姿勢を持っている会社だと感じました。また、攻めの中には技術的な部分だけでなく、会社としての品格とでも言いますか、マナーの部分にも会社としての魅力を感じました。攻めるところと守るところがはっきりしている会社だと感じ、自分が成長できそうだと思えた会社だったからです。
入社する前は何をしているのかも、どこにあるのかも知りませんでした。大学で化学を専攻していた私にとっては未知の世界であり、会社説明会では製品の細かさや機械の並ぶ様子に口を開けてあっけに取られていたのを思い出します。入社前後で最もイメージが異なっていた部分は、ただ工場で製品を作ることだけがメインの会社ではなく、ものづくりを基礎として様々なことに挑戦しながら、新しいものを生み出す会社であったことです。
会社の教育熱心な体制に、この会社を選んで良かったと思っています。会社内には様々な部署がありますが、どこへ質問に行っても丁寧な回答をして頂けましたし、研修についても技術的な部分でも社会人としてのマナーの部分でも初歩から丁寧に教えて頂きました。またその後、部署に配属されてからも自分で考えてものづくりに取り組めるような配慮をして頂けて恵まれた環境だと思います。
入社してよかったことと重複しますが、どこで誰に質問をしても丁寧に答えて頂ける雰囲気があります。なにを聞いても煙たがられることはありませんし、即答できないような質問をしたときにも一緒に考えて調べて下さいます。どこの部署の誰に聞いたらわかるよといったような答えを頂くこともありました。わからないのは当たり前ですが、それらをわからないままにしておくくらいならいつでも聞いて下さいという雰囲気があり、非常に前向きに取り組めることができます。
就職活動中の学生へのメッセージ 自分のやりたい仕事とはなにか、自分に合っている業種とはなにかという問いに対する答えはなかなか見出せないかもしれません。しかし、会社選びという観点で就職活動をしてみると、これからの人生で付き合っていきたい会社はどんな会社であるか少しはわかると思います。人事部の方の対応にも、面接の相手からも会社の雰囲気を感じ取ることはできます。この会社なら自分を成長させられる、自分が楽しめると感じた会社が見つかったら、自分らしさを出して、自分を採らなきゃ後悔するぞというくらいの強い気持ちでぶつかっていって欲しいです。