国内営業
営業本部 名古屋支店

工学部
電気工学科 卒
▲ 社員紹介一覧 < 前へ 次へ >
仕事内容について
現在、大手企業が最も力を入れている環境配慮型製品について、開発担当者と形状や機能について打合わせを行い、新製品の立ち上げに携わっています。主にハイブリッド自動車用バッテリー部品や、LED照明の機構部品等、何れもここ2~3年で大幅な需要増が期待出来る製品であり、市場投入されるのを今から心待ちにしながら、社内の量産体制準備を整えています。
大手企業が決算報告や新製品発表の中で、現在開発に携わっている部品が使用されている場合が数多く有り、これまでの取組みを思い返すと共に、これからの期待感に胸が躍ります。ただ、どの製品においても立ち上げは容易では無く、お客様とは厳しい相談、打合せ、試作を重ねる事が多いのですが、量産時には「この製品が有るのは福井鋲螺のおかげ」の様な有り難いお言葉を頂く事も有り、益々顧客に貢献したいという思いが強くなります。
入社2~3年の頃、新聞等のリサーチから新規取引先に飛び込みで訪問し、PRの結果引合いから試作をいただく事が出来ました。その時の引合いは難易度が非常に高く、何度も顧客から叱責を受けながら、幾度と改善試作を持ち込み、打合せを重ね、新規PRから6ヶ月後には製品化する事が出来ました。自らやりたい仕事を提案し、実行することが出来た最初の仕事でした。
一日のスケジュール
【ある一日の流れ】
10:00 【客先への移動】
 工場の技術スタッフと駅で待ち合わせ、車で訪問先へ移動。(車中で顧客との打合せ内容事前摺り合せ及び、雑談、コミュニケーション)
12:00 【昼 食】
 出張先での特産物(さぬきうどんetc)の名店を事前チェックしておき、昼食
13:00 【顧客先での打合せ】
 試作品を持ち込み、技術的な打合せから、当社新技術のPR、新規引合い獲得。
15:00 【帰社する為に移動】
 車中にて顧客打合せ内容まとめ(工場への依頼項目、スケジュール再確認)
17:00 【デスクワーク】
 打合せ内容報告書作成。案件の見積り等。
19:00 【帰 社】
 帰宅道中、趣味、娯楽の寄り道、駅近辺でのショッピング、時には同僚と一杯飲んで帰宅。
福井鋲螺について
当社は生産設備から金型、熱処理、メッキに至るまで、一貫した生産体制と、それを生かした機動力によって、品質(Q)、コスト(C)、納期(D)、環境(E)、サービス(S)、において、何れも顧客より高い評価を得ています。これらの実績をもとに、顧客からは新しい引合いを頂き、製品を立ち上げる事で、更なる評価を頂き、確固たる信頼関係が築けているのを営業活動を通じて感じる事が出来ます。
元々小学校が会社の近くにあった為、当時から授業で工場見学をし、ネジを作っている会社という印象を持っていました。実際大学の就職活動で福井鋲螺を知る中で、TV・新聞等にも取り上げられる「高精度で高品質な製品を作る」企業で有る事を知り、地元で世界を相手にしている企業で働きたいというのが入社を決めたきっかけでした。
入社前は営業という職業柄、ドラマ等でよく見る顧客にへりくだり、ガマンガマンの営業を想像していました。実際入社し、営業に出てみると入社前のイメージとは違い、顧客と対等に意見が言い合える環境が有りました。顧客は当社に対し、対応力、提案力を求めており、福井鋲螺にはその要求に対応出来る技術力が有る事を知りました。
製品の立ち上げでは顧客からの強い期待を頂く半面、厳しい要求、相談が有りますが、商品化に至った際にはどの顧客も、立ち上げ時の苦悩、苦労、取組みを評価頂き、感謝頂くと共に現状より、よりよい関係が築ける事です。また、「顧客から良い評価を受けたい」という会社で統一された意思が有り、関係部署が一体となって取り組む姿勢が福井鋲螺の財産だと思います。
若手社員であっても、自由に提案することが出来、実行が出来る職場です。また他部署の社員とも、慰安旅行や球技大会、夏祭り、スポーツフェスティバルなど、季節毎のイベントを通じてコミュニケーションを取る機会が設けられています。
就職活動中の学生へのメッセージ 就職活動は学生から社会人へ変化する中で期待と不安、自信と挫折を繰り返しながら、自分の可能性を求めるものだと思います。自分のことを見つける中で、「自分には何が出来るのだろう」も大事だけど、「自分はどうなりたいのか」を大事にしながら、就職活動を頑張って下さい。