国際営業
国際ディビジョン

経営学部
経営学科 卒
▲ 社員紹介一覧 < 前へ 次へ >
仕事内容について
国際ディビジョンでは、海外のメーカー・商社・当社の海外の子会社へ営業活動を行っております。文化の違いからか、返事がなかなか来ないかと思うと、思い立ったかのように沢山メールを入れてきたり、突然出荷依頼の電話を掛けてきたり、毎日悪戦苦闘しながら仕事をしています。海外向けということで、私が現在担当している仕事は、量産品に関する工場・顧客間の納期調整や、受注処理、請求書の発行など営業アシスタント業務と、通関書類の発行や、船・エアーのブッキング、輸送費の見積りなどの貿易実務業務の2種類あります。お客様とのやり取り、ほとんどが英語なので、たまに解釈を間違えることもありますが、先輩方の助けを得て日々勉強しながら仕事をしています。
文化の違い、時差の関係からかもしれませんが、お客様によっては、前情報なしで突発的に出荷の依頼が入ったり、受注から出荷納期までが非常に短い、いわゆる短納期のオーダーが入ることが多く、素早い対応が求められる場合があります。また、出荷対応が出来たとしても、工場の立地条件から集荷時間に制限があったり、通関・輸送などでどうしても時間が掛かってしまうので、お客様の希望にお応えすることが難しい場合もあります。しかし、関係部署・業者様のご協力を得て、緊急の出荷の場合でもスムーズに対応することが出来たときや、お客様から感謝の言葉を頂けたときには、やりがいを感じます。
私は入社して最初の新入社員研修の後、早い段階で国際ディビジョンに配属されました。大学で国際取引や貿易に関しての授業を履修してはいましたが、最初の頃はモノや通関書類の流れ、物流の専門用語が全くわからず、勉強と質問の毎日でした。しかし、そのおかげで貿易実務の資格を取得することができ、今では、工場の方へ貿易について知って頂くため、知識を共有するために勉強会を行っております。また、そういった知識を習得するにつれ、輸送費の仕組みや、内容が少しずつわかる様になり、外航貨物海上保険料の削減など、経費削減の提案も出来るようになりました。
一日のスケジュール
【ある一日の流れ】
8:30 【出 社】
 雑務・ラジオ体操・全員の行動予定確認
9:00 【就業開始】
 前日の出荷内容確認(伝票消し込み)、メールチェック、工場へ納期確認、出荷指示、受注入力
12:00 【昼 食】
13:00 【来客対応】
 海上運賃の価格交渉
14:00 【通常業務】
 工場からの回答を営業担当者・顧客へ連絡。当日出荷分の通関用書類作成・内容確認
17:00 【出荷案内】
 顧客・仕向地海貨業者・乙仲へ当日出荷内容の連絡、通関書類の送付
福井鋲螺について
福井鋲螺の強みは人間力です。基本理念に『より良き品を創意と熱と人の和で』とありますが、優れた人材がいなければ、開発することも販売することも出来ません。日本の片隅の福井県から世界にまで福井鋲螺の技術と名前を広めることが出来たのは、会社設立から先輩方が努力し続けた結果だと思います。また、ただ単に働くのではなく、社員皆が日々何らかの改善を心がけ、変わることが出来ることも強みだと思います。一方で、業界には知れている名前でも、一般的にはまだまだです。目に見えない部分に使われている部品のため仕方のないことですが、通関時に問い合わせが入ることもしばしば。そんな時にもう少し知名度があれば・・・と思います。
小さい頃から何かを作ることや、一つのモノが出来上がるまでの過程を見るのが好きで、工場見学や、製造工程・開発者の苦労などを特集したテレビ番組などを見るにつれ、日本のモノづくりに非常に興味を持ち、働くならメーカーが良いと思っていました。また、語学や異文化、国際取引を学んだことをきっかけに、”自社”の製品を海外へ販売しているグローバルな会社で働きたいと考え、条件に合う会社を探していました。元々県外での就職を志願していましたが、大きな会社となると希望する職種につけるかわからず、たまたまUターンの就職セミナーを覗いたときに福井鋲螺と出会い、説明会の段階で、どの様な仕事が出来るかを説明して頂け、働く自分をイメージできた事が受けてみようと思ったきっかけでした。また本当に小さいものから大きなものまで、多岐にわたる分野のパーツを製造していることを知り、福井鋲螺がなかったら、この商品はもしかしたらなかったかもしれない・・・部品メーカーは製造業の”根幹”だと思い、入社を決めました。
部品メーカーということもあり、入社前は古くて汚れているイメージがありました。しかし、イメージとは違い、本社はもちろん、工場もいつもきれいに掃除されていてとても働きやすい環境だと感じました。また、外見力・マナーにも力を入れており、入社時にきっちり実践レベルのマナーを学べるので、配属されてからも安心して仕事が出来ます。
私の仕事は事務処理がメインなので、毎日同じ仕事を坦々とするんだろうと入社当時は思っていましたが、業務の改善に繋がることや、経費の削減になることなど、提案すれば若手社員の意見もきちんと聞いてくれる会社なので、やる気を持って仕事が出来ます。資格取得などについても、積極的に会社が協力をしてくれるので、自分のスキルアップが出来ることも福井鋲螺に入社して良かったと思えるところです。また、福利厚生がしっかりとしていて、仕事を始めたら長い休みは取れないだろうと思っていましたが、誰でも年に一度長期休暇を取得することができ、趣味や旅行を諦めずにすむところも当社に入社して良かったと思えるポイントです。
国際ディビジョンは比較的若い方が多く、和やかな雰囲気で仕事をしています。お互いわからないことがあれば、直ぐ質問して皆で考えることが出来る職場です。また、材料や製品、ISOなど様々な専門知識を身につけるべく、土曜日勤務時に勉強会・研修会をしたり、業務中は英語で会話をするなど、語学力向上にも努めています。
就職活動中の学生へのメッセージ まずは自分自身について知ることが大切だと思います。自分は何に興味があるのか?何が得意で何が好きか?小さい頃から今に至るまでの記憶を辿って、自分がどういう人間か向き合うと良いと思います。自分のことがわかっていれば、面接での受け答えもスムーズに出来るはず。しかし、自分のやりたいことがわかっても、本当に多くの会社があるので、会社選びはすごく難しいと思います。人間が一人一人性格が異なるように、会社もそれぞれ特徴があります。たくさんの会社を見る、調べることで、自ずとその特徴が見えてくると思います。就活はたくさの人と出会えるチャンスでもあると思うので、まずはフットワークを軽くして、楽しんで就職活動をして欲しいと思います。